監修

藤田医科大学医学部 リハビリテーション医学I講座 主任教授
大高 洋平 先生

藤田医科大学病院リハビリテーション部
理学療法士 加藤 正樹 先生
作業療法士 長坂 香澄 先生

できるようになりたいこと(MY GOAL)を決めよう!

まひの程度や、できるようになりたいことはひとりひとりちがいます。医師やリハビリスタッフといっしょに、できるようになりたいこと(目標=MY GOAL)を設定しましょう。

目標の例

まひのある手でペットボトルのふたを回して、自分ひとりで飲み物を飲みたい まひのある手でお茶碗をもって洗い物がしたい 家族と同じペースで散歩がしたい MY GOALを決めたら、まひのある腕や手、足を使って、できることからリハビリを行いましょう。リハビリは毎日コツコツ続けることで、機能改善が期待できます。

当サイトでは、クッキーを使用しています。クッキーとは、利用者の端末に保存される小容量のテキストファイルです。弊社が使用するクッキーの詳細につきましては、クッキーポリシーをご覧ください。なお、クッキーの無効化や設定変更はいつでも行えますが、クッキーが無効になっている場合は、当サイトの一部の機能が正常に利用できなくなることがあります。